カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ただ今、商品発送までお時間をいただいております。
ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さいますようお願いいたします。

おいしい飲み方

これは一例です
様式にとらわれず自由に好みに合わせて楽しめるのが台湾茶・中国茶の良いところです

茶種ごとの淹れ方

●緑茶・ジャスミン茶・白茶・黄茶
  ※1煎目のお茶を捨てる『洗茶』は必要ありません

グラスや蓋碗で淹れる場合
一、茶葉を器に入れます。茶葉の量は3g程度。
二、熱湯軽く冷ましたお湯を注ぎます。
三、ふた(ソーサーでもOK)をして2〜3分抽出します。
四、ふたをとって飲んでください。蓋碗はふたを少しずらして飲むと茶葉が口元にかかりません。
五、繰り返し4煎くらいは美味しく飲めます。

ティーポット・急須・茶壺で淹れる場合
一、使う茶器全部を予め熱湯で温めておきます。
二、茶葉を器に入れます。茶葉の量は3g程度。
三、熱湯を軽く冷ましたお湯を注ぎます。お湯の量は茶葉3gで200ml位が適量です。1分程度抽出。
四、お茶を茶杯(湯呑)に注いで飲んでください。
五、繰り返し4煎くらいは美味しく飲めます。

●青茶(烏龍茶)
  ※1煎目のお茶を捨てる『洗茶』は好みによりますが、しなくても問題ありません

ティーポット・急須・茶壺で淹れる場合
一、使う茶器全部を予め熱湯で温めておきます。
二、茶葉を器に入れます。茶葉の量は5g程度。
三、熱湯を注ぎます。お湯の量は茶葉5gで200ml位が適量です。1分程度抽出。
四、お茶を茶杯(湯呑)に注いで飲んでください。
五、繰り返し5煎くらいは美味しく飲めます。

工夫茶器で淹れる場合
一、使う茶器全部を予め熱湯で温めておきます。
二、茶葉を器(茶壺もしくは蓋碗)に入れます。茶葉の量は5g程度。
三、熱湯を注ぎます。お湯の量は茶葉5gで200ml位が適量です。
四、1分程度抽出。茶壺を使う場合は保温の為、茶壺の上に熱湯をかけます。
五、お茶を一旦茶海に移します。茶海から茶杯に移して飲んでください。
  聞香杯がある場合は茶海→聞香杯→茶杯の順番でお茶を移します。
六、繰り返し5煎くらいは美味しく飲めます。

●黒茶
  ※黒茶は保存期間がながい為、1煎目のお茶を捨てる『洗茶』をしてください
ティーポット・急須で淹れる場合
一、茶葉を器に入れ、熱湯を注ぎます。茶葉の量は4g程度。
二、黒茶は保存期間が長い為、『洗茶』をしてください。1煎目はお湯を注いで直ぐに流してください。
三、再び器に熱湯を注ぎます。お湯の量は茶葉4gで200ml位が適量です。1分程度抽出。
四、お茶を茶杯(湯呑)に移して飲んでください。
五、繰り返し5煎くらいは美味しく飲めます。

工夫茶器で淹れる場合
一、茶葉を器に入れ、熱湯を注ぎます。茶葉の量は4g程度。
二、黒茶は保存期間が長い為、『洗茶』をしてください。1煎目はお湯を注いで直ぐに流してください。
三、再び器に熱湯を注ぎます。お湯の量は茶葉4gで200ml位が適量です。
四、1分程度抽出。茶壺を使う場合は保温の為、茶壺の上に熱湯をかけます。
五、お茶を一旦茶海に移します。茶海から茶杯に移して飲んでください。
  黒茶では聞香杯は使用しません。
六、繰り返し5煎位は美味しく飲めます。

●花茶
  ※1煎目のお茶を捨てる『洗茶』の必要はありません
ガラスポット、ティーポット、急須、茶壺で淹れる場合
一、使う茶器全部を予め熱湯で温めておきます。
二、茶葉を器に入れます。茶葉の量は4g程度。
三、熱湯を軽く冷ましたお湯を注ぎます。お湯の量は茶葉4gで300ml位が適量です。1分程度抽出。
四、お茶を茶杯(湯呑)に移して飲んでください。
五、繰り返し3煎くらいは美味しく飲めます。

●工芸茶
  ※1煎目のお茶を捨てる『洗茶』の必要はありません
ガラスポット、耐熱グラスで淹れる場合
一、使う茶器全部を予め熱湯で温めておきます。
二、茶器に熱湯を注いだ後、茶葉をひとつ器に入れふたを閉めます。
三、2分程度抽出すると飲めます。花が開くには5分程度かかります。
四、お茶を茶杯(湯呑)に移して飲んでください。
五、繰り返し3煎くらいは美味しく飲めます。

水出し冷茶の淹れ方

1リットルの水に10gの茶葉を入れて蓋をして冷蔵庫へ
(市販のお茶パックを使うと便利)
ジャスミン茶なら3時間
烏龍茶は10〜15時間抽出したら茶葉を濾して出来上がりです
※時間は目安、お好みに合わせて調整してください
水出し冷茶の入れ方

茶漉し付きマグカップの使い方

これ一つあれば急須要らず!手軽に台湾茶・中国茶を楽しむのにおススメなのが茶漉し付きマグカップ

使い方はとっても簡単
茶漉しの部分に茶葉を入れてマグカップにセット
→お湯を注ぎ蓋をして抽出
→蓋を裏返して置き、その上に外した茶漉しを置いて茶漉し受けに
これだけで出来上がり!

飲み終わったら、茶漉し部分をまたマグカップにセットしてお湯を注げば2煎目、3煎目も簡単に淹れられますよ


動画を作ってみました!こちらも参考にしてみてください

※当店での茶漉し付きマグカップの販売は終了しました

中国茶って?


日本茶も紅茶もルーツは中国茶!
それぞれのお茶の違いは製造方法にあります
世界中に広まったお茶は、その土地の気候、文化などに合わせた製造方法で
作られるようになりました

中国茶は発酵方法、発酵度の違いによって大きく6種類に分けられています

緑茶
茶葉を発酵させない不発酵茶
日本茶は茶葉を蒸すことで発酵を止めるのですが
中国茶は釜で炒り上げるのが主流となっています
日本茶よりも渋みが少なく、さっぱりとした後味が特徴

白茶
茶葉をわずかだけ発酵させる弱発酵茶
日光に当てたり熱風に当てて軽く発酵させます
生産量が少なく、高級茶として知られています

黄茶
緑茶の作り方と似ていますが、“悶黄”という工程が加わります
悶黄とは仕上げの乾燥の前に高温多湿の場所に置き、ゆっくり発酵させる作業の事で
茶葉に含まれるポリフェノール、葉緑素が酸化されることで緑から黄色へと変わります
工程に手間がかかることもあり、生産量も減っていて希少な茶種です

青茶
ある程度発酵を進ませて途中で止める事から半発酵茶と呼ばれています
発酵の度合いは15〜70%と幅広く、種類も豊富で緑茶に近いもの、
紅茶に近いものまで様々です
日本で最も有名な中国茶、烏龍茶はこの青茶に属しています

紅茶
完全発酵させたのが紅茶
インド産やスリランカ産が紅茶の産地として有名ですが紅茶も中国が起源
中国紅茶はタンニンが少なく、渋みがあまり感じられず飲みやすく、
ミルクや砂糖を加えずストレートで飲むのが基本です

黒茶
黒茶は生茶と熟茶に分類されます
生茶は緑茶の工程の後、年月をかけて後発酵させたもので、年月を経ることで熟成されていき
数十年以上経ったものは希少で高値になります
熟茶は1970年代に発明された製造方法で、
渥堆(高温多湿で水分を含んだ茶葉を積み重ねて、菌による作用によって発酵させる工程)
によって急速に発酵させて作られた茶葉です

以上6種類以外にも茶葉に花の香りを付けたものと、花自体を乾燥させて作られた花茶、
茶葉を使わず、樹木の葉や茎、コケなどをお茶にしたものなどを“茶外茶”といいます

ページトップへ